pagetop

クラシアンCM作曲の小林亜星の半生

それでは次に、クラシアンのCMなどの数多くの楽曲を手がけてきた小林亜星が、どのような半生を歩んできた人物であるのかについて紹介します。小林亜星の家庭は、祖父が医者、父が役人、母が劇団員と、多種多様な人達によって構成されていました。祖父の影響によって小林亜星自身も医学部に入学していますが、当時から医者にはなりたくないと考えており、音楽に傾倒して勝手に転部、これがきっかけで勘当されてしまったという経歴を持っています。

その後、小林亜星は一度就職するもののすぐに退職、音楽活動を行っていた人物に弟子入りし、本格的に音楽の活動を行うようになりました。その後、CMなどの楽曲の担当をするようにもなり、小林亜星の音が多くの人に知られるようになったのです。

さらに、小林亜星はCMソングなどの作曲だけではなく、タレントとしての活動にも精力的に取り組むようになりました。俳優としての活動、クイズタレントとしての活動なども行っており、CMの作曲だけではなく、幅広い活躍が見られる人物となりました。

特にクイズ番組においては非常に高い正解率を誇るなど、得意としていたことがエピソードとして残っています。このように、小林亜星はCMソングだけではない有名な人物となりました。

ページの先頭へ戻る