pagetop

クラシアンCM作曲の小林亜星と楽曲の著作権

小林亜星は、CMソングなどの作曲を手がける作曲家であり、楽曲の保護に対して敏感な人物でもありました。その半生の中で、音楽著作権に関する保護活動にも力を入れており、日本作詞作曲家協会を組織、楽曲の保護を行うように働きかけています。

小林亜星はこの活動資金を確保するために様々な活動を行い、より活躍の幅を広げてきました。その後、楽曲が盗用されるというような騒動もあり世間を賑わすこともありましたが、だんだんとテレビでタレントとしての活動が行なわれることは少なくなってきました。現在ではすでに80歳を超えている小林亜星ですが、音楽活動についてはまだ継続して行っており、音楽に対して特に強い思い入れがあることが窺い知れます。

そんな小林亜星によって作られた数多くのCMソングは、現在でも耳に残っている物が多く、いかにCMとしての効果を持っていたのかの証左となっています。クラシアンのCMソングもその1つであり、やはり多くの人に知られるきっかけとなったといえるでしょう。

小林亜星のCMソングと、水廻りの様々なトラブル解決の実績とが合わさることによって、クラシアンはより一層広く知られ、大きな会社へと成長してきたといえるでしょう。

ページの先頭へ戻る